鏡開きって何のために行うの? 日にちも決まってる!?

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

束の間の正月休みも終わり、2017年も約1週間が経過しましたね~。

今年も、例年通り大量のお餅を食べてしまい、体重増加を

気にしている今日この頃です。

正月・お餅とくれば、鏡開きを思い浮かべる人が

多いんじゃないんでしょうか?

でも、そもそも鏡開きって何でやるんだっけ?

鏡開きを行う日って決まってるんだっけ?

と思ったことがあるあなた!

今日はそんなあなたに向けて、鏡開きに関する様々な情報を

お伝えしたいと思います。

これを見れば、あなたも鏡開きのプロになれること間違いなしです!

鏡開きの意味って!?

そもそも、お正月は年神様をお迎えし、お祀りするための行事です。

お正月に門松、しめ飾り、そして鏡餅を飾ったりするのは、

年神様を歓迎するための準備と言われています。

ちなみに年神様とは、家々に新年の幸せをもたらすために、

高い山から降りてくると考えられている新年の神様です。

「正月様」や「歳徳神(としとくじん)」とも

呼ばれています。

そして、鏡開きとは、お正月に年神様にお供えをしていた

鏡餅を下げて、食べる風習のことをいいます。

年神様に備えていた食べ物は力が備わると考えられ、

それを食べることによって、1年間の一家の無病息災を祈願しています。

鏡開きでは、神棚などに飾っておいた鏡餅を割り、

お雑煮やお汁粉などにして食べるが一般的となっています。

鏡開きっていつするの?

鏡開きですが、毎年1月11日に行うことが決まっています。

基本的にはどの年であっても、1月11日に行います。

ただし、関東地方と関西地方で

鏡開きを行う日が実は違います。

関東は1月11日ですが、関西は1月15日または20日となっています。

また、京都に至っては1月4日とかなり早く行われるみたいです!

ちなみに気になったので、日本最北端の北海道も調べてみましたが、

関東と同じく1月11日でした。

一番北なので、もしや1月1日にすんの?と思いましたが、

違いましたね(笑)

鏡開きにはマナーが存在する?

実は、鏡開きを行う際に、絶対にやってはいけない事があります。

それは、鏡開きで用いる鏡餅を割るときは、

包丁を使ってはいけません!

包丁を使って鏡餅を切ることが、切腹を連想させる、

また年神様にお供えしていた食べ物に歯を向けることが

大変失礼なので、マナーに反すると考えられているそうです。

そのため、伝統的な鏡餅の場合は、木槌や金槌で叩いて割ります。

固くなってしまった餅を切らずに食べやすいサイズに小さくするのは

なかなか大変ですが、コツとしては

鏡餅を少しずつ叩く。

次にヒビが入った所を狙って勢いよく叩く。

そうすると、比較的簡単に割れるそうです。

今は、包装パックに餅が入っている便利な鏡餅が

増えてきているため、なかなか木槌や金槌を

使って鏡餅を割る機械自体が少なくなっていると思います。

ただ、これからも子供たちには、包装パックに入った鏡餅を開くから

鏡開きと思われないように、ちゃんとした鏡開きの意味は

伝えていきたいものですね。

もう一つの鏡開きって?

実は、鏡餅を使って行う鏡開きとは別に、酒樽を使って

行う鏡開きもあるんです。

あの、良く芸能人の結婚式とかでよく見る奴ですね~。

結婚式のようなおめでたい席で行われ、鏡(酒樽)を

開けることによって、今後の運を開くという意味が

込められているそうですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎年お正月の時期に当たり前のように行われている鏡開きですが、

1,何のために行うのか

2.地方によって行う日が違う

3.守らなければいけないマナーが存在する

といった情報を知ることで、また違った姿勢で

鏡開きを行えるのではないでしょうか?

ぜひ、鏡開きって何でやるんだっけ?と聞かれた場合には、

今日学んだ情報を一つ残らず語っちゃいましょう!

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク