男子ウケする定番の鍋料理とは?ベスト3をランキング!

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

寒くなってくると無性に食べたくなるのが、

そう「鍋料理」ですよね?

みんなでワイワイと鍋を囲むのも良いですし、

カップルで同じものを食べるのも、

ドキドキして楽しいですよね。

そんな「鍋料理」

男女ともに人気がありますが、

男性が好きな鍋と女性が好きな鍋の種類は、

若干違うようです。

今回は、

「気になる男性に鍋料理でおもてなししたい!」

と思っているあなたに、

男子が好きな鍋料理と簡単で美味しい作り方を

ご紹介します。

シンプルなおいしさ「水炊き」が人気ナンバー1


(参照元:ネスレバランスレシピ

意外な結果!

と驚かれた方も多いはず?

なんと男性が一番好きな鍋料理は、

シンプルな「水炊き」でした。

元々は博多で有名な郷土料理の水炊きですが、

今や家庭の定番とも言われるお鍋のメニューですよね。

鶏のおいしい出汁に

お好きな野菜、豆腐、しいたけなどを入れて煮込み、

お好みとタレにつけて頂きます。

ここで、男性ウケする水炊きづくりのポイントを

2つご紹介します。

1つ目は、「美味しい鶏白湯」を作ること!

料理の基本、それは出汁ですよね?

作るのは少し大変ですが、

気になる男性の胃袋をゲットするために、

ここは腕をまくって張り切っちゃいましょう!

おいしい鶏白湯の作り方はこちら

そして2つ目のポイントは、

2つ以上のタレを準備すること!

水炊きといったら、ポン酢が一般的ですが、

ずっと同じだと飽きてしまいますよね?

味に変化を待たせるためにも、

2つ以上のタレを作っておき、

たくさん食べてもらいましょう!

タレは、ポン酢のほかに

ごま、塩レモン、コチュジャン、うましお昆布

など種類はたくさんあります。

事前にどんな味が好みか、

さりげなく聞いておくのも良いですね。

人気ナンバー2はキムチ鍋!

(参照元:クックパッド

男子ウケする鍋ランキング第2位は、

女子も好きな「キムチ鍋」でした。

寒い冬なんかに、

身体からジワジワと温まるキムチ鍋、

最高ですよね?!

ここでも男性ウケするキムチ鍋の

作り方を2つご紹介します。

1つめは、豚肉から旨みを引き出すこと

キムチ鍋は、辛味の中にある「究極の旨み」

がポイントの鍋です。

ご家庭でその「旨み」を簡単に引き出す

作り方をネットで探し出しましたので、

ご紹介しますね。

「旨み」を最高に引き出すキムチ鍋の作り方

ポイントは、豚肉と調味料を漬けておき、

最初に炒めることです!

2つ目のポイントは、

ネギを多めに準備しておくことです。

あまり知られていませんが、

男性ってネギ好きが多いんですって!

なので、いつでも「おかわり」を

受けられるようにネギは多めに準備しておきましょう。

人気ナンバー3は、すき焼き!

(参照元:クックパッド

そして、人気ナンバー3は「すき焼き」でした!

その理由は何といっても、

「特別な日に食べるお鍋」という印象が強いことと、

女性が作る家庭の味が味わえることです。

たしかに「今夜はすき焼きだよ!」

と言われるだけでテンションが上がりますよね?

男性の気をグッと引くためには、

これからご紹介する2つのポイントを頭に入れて、

すき焼きを作ってみてくださいね。

1つめは、割り下は手作りすること。

これすごく重要です。

「すき焼きは割り下で味が決まる」

といっても過言ではありません。

酒や味醂は煮切り、分量は正確に計量して、

特別な割り下を作りましょう。

2つ目のポイントは、

火が通りにくいネギは焼いておくこと。

料理に下準備はとても大切ですよね?

1つ1つの食材を食べやすく、

おいしくなるように処理しておくことで、

すき焼きの味が格段に上がります。

参考にしたレシピをご紹介しますね。

絶品「すき焼き」の作り方

まとめ

いかがでしたか?

気になる男性に

「お鍋料理を作りたい!」

そう思ったときには

水炊き

キムチ鍋

すき焼き

のどれかを選んでみてくださいね!

料理は愛情の表れでもあります。

あなたが心を込めて準備した鍋料理は、

きっと彼も喜ぶはず!

気になる彼と

「至福の鍋タイム」を共有できると良いですね!

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク