ネギで出身地がわかるって本当?!あなたは軟白ネギ派?それとも青ネギ派?

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

「軟白ネギ」

そう聞いてピンと来ない方も多いはず。

「なんぱくねぎ」と呼ばれているこの野菜、

実は関西方面ではあまり馴染みがないものだったようです。

そこで今回は、

「東日本と西日本で好みが分かれる?」

と言われているネギの「謎」に迫ります。

いろいろなネギがあるけど、

どんな特徴があるのか気になる!というあなたに

ネギの種類からおすすめ料理まで

詳しくご紹介します。

ネギは2つの種類に分類される

あなたの地元のスーパーでは、

どんなネギが主に陳列されていますか?

実はネギには2種類あって、

西日本と東日本で好みがわかれているのです。

主に西日本で栽培されているのが、

「青ネギ」

葉ネギ」や「万能ネギ」とも呼ばれ、

京都府九条村が特産の「九条ネギ」はブランドの農産物ですね。

名前の通り「青い」ところ、

つまり緑の葉の部分を食べることが特徴です。

冷ややっこ、うどん、そばの薬味や、

炒め物、煮物に使うのが一般的ですね。

対して、ネギの「白い」部分が多いのが

軟白ネギ

長ネギ」や「根深ネギ」とも呼ばれ、

群馬県下仁田村が特産の「下仁田ネギ」は有名ですね!

こちらも名前の通り「白い」ところを、

主に食べるのが特徴です。

焼くと甘味が増すので、

すき焼きや鍋、グラタンやキッシュなど、

様々な料理に活躍しています。

東と西なぜネギの好みが分かれた?

では、なぜ東日本と西日本で、

栽培されるネギや、

消費されるネギに違いが出たのでしょう?

調べてみると理由は2つありました。

1つ目は、「気候」によるもの。

原産地が中国のネギは歴史が深く、

紀元前から栽培されており、

その後、寒い北部では「白ネギ」

暖かい南部では「青ネギ」が栽培されるようになりました。

日本にはヨーロッパよりも早い700年頃に、

伝わったと考えられており、

江戸時代にはネギの栽培方法も確立されていたようです。

つまり、かなり昔から、

寒い地域である東日本では「白ネギ」

比較的暖かい気候である西日本では「青ネギ」

を栽培する習慣が根付いていたと言うことですね。

2つ目の理由は、「土」によるもの。

突然ですが、白ネギの「白い」部分、

なぜ白いのかわかりますか?

理由は、日光に当たっていないからです。

よく畑で鎌を持って土寄せしている

おじいちゃん、おばあちゃんを見たことがある!

って方いませんか?

実はこの行為、土をネギの株元に寄せて、

「白く!長く!」ネギを育てるためにしているのです。

そのため、白ネギ農家の方たちは、

「いかに綺麗で白いネギを、長く作るか」

ということもポイントに日々栽培されています。

「土寄せが出来る」

ということは当然、土が柔らかい方が簡単に出来ますよね?

つまり、土が比較的柔らかい東日本では、

土寄せが簡単に出来たため「青ネギ」が作れた。

土が比較的固めの西日本では、

土寄せが必要でない「葉ネギ」

の栽培が向いていた、ということになる訳です。

軟白ネギのおすすめ料理


白くて長いことが特徴の「軟白ネギ」

お鍋やすき焼き、ネギ焼きなどの、

定番ネギ料理も良いですが、

私がおすすめする1番の料理は、

「軟白ネギの肉巻き」です。

(参照:クックパッド

肉の旨みと軟白ネギの甘味の融合、

さらに甘辛のタレが絡み合い、

ご飯やお酒のおつまみにぴったりです!

ぜひ一度お試しくださいね

参考にしたいレシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?

  1. ネギには「軟白ネギ」「青ネギ」の2種類がある
  1. 昔からの「気候」「土」の違いにより、

東と西で栽培する品種に違いが生まれた。

ということをご紹介してきました。

今や食材の流通が盛んになり、

あらゆる品種の野菜や果物が日本中に出回っています。

しかし、食材の「もと」を辿ることで、

地域に根付いた食文化を改めて実感することができますね。

たかが「ネギ」ですが、

こんな話題をネタに今夜の食事を盛り上げてみてはいかがですか?

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク