【ネタバレあり】ドラマ『カルテット』1話の考察と2話の展開予想!

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

2017年1月17日にスタートした

TBS火曜ドラマ『カルテット』。

CMなどでよく目にした

『全員、片思い 全員、嘘つき』

という気になるキーワード。

私は普段、あまりドラマを

見ないのですが

『カルテット』は音楽を

題材にしているので

気になっていました!

一体どんな物語なのか。

全員、片思い。

全員、嘘つき。とは?

気になるあなたの為に

しっかりとお伝えします!

主な登場人物

巻真紀(松たか子)

第1ヴァイオリン奏者

プロの経験があるのは真紀だけ。

内向的な性格で声が小さいが

意外と芯の強さがあるような印象。

世吹すずめ(満島ひかり)

無職のチェリスト

寝る事が大好きで

どこでも寝てしまう。

あまり考えていないようで

実は色々考えている。

家森諭高(高橋一生)

ヴィオラ奏者

軽井沢の美容室で

アシスタントとして働いている。

拘りが強く子供っぽい印象。

別府司(松田龍平)

第2ヴァイオリン奏者

「ふくろうドーナッツ」に

勤めている。

世界的指揮者を祖父にもち

共同生活を送っているのも

祖父の別荘。

人の気持ちを考える

優しい人という印象。

1話のあらすじ

ある日、”偶然”出会った4人。

その4人でカルテットを組み

軽井沢で共同生活を

送ることになるのだが

そこには大きな秘密が

隠されていた。

真紀は司の運転で

軽井沢の別荘へやってきた。

そこで待っていたのは

すずめと諭高。

軽井沢にあるライブレストランで

演奏しようという話になるが

その店には”余命9カ月”の

ピアニスト、ベンジャミン瀧田が

レギュラー演奏していた。

そこで真紀は

驚く行動に出る。

唐揚げにレモンかける?感想と考察【ネタバレあり】

急に何?って

思ったかもしれませんが

これが後々重要なキーワードに

なってきます。

軽井沢での共同生活を

送るために色々準備を進めながら

4人が初めて人前で演奏したのは

スーパーの休憩スペース。

ここでドラゴンクエストの序曲を

演奏するのですが、途中で

レベルアップの効果音が入る

編曲になっていて

テンションが上がりました。(笑)

これは完璧に私の趣味ですが

こういう遊び心がある曲は

大好きです!

そして、この演奏を遠目から見ていた

2人の男子学生。

リズムに乗って聞いていたのが

レベルアップの効果音を聞いて

2人で顔を見合わせて

おぉー!となっていたのが

微笑ましかったです。

その日の夜

「これからよろしく」と

4人で唐揚げを食べる時に

事件が起きます。

唐揚げにレモンをかけるかどうか

聞く前にレモンをかけてしまった

すずめと司。

そこで、何故レモンをかける前に

聞かなかったのか議論になり…

この先は

ドラマを見てください!(笑)

色々お伝えしたくて

止まりません!

ここから先が、一気に

深く、濃くなります。

私が思う、1話の中で

伝えたかった事は

それぞれの価値観や考え方を

どう受け取るか?

どう解釈するか?という所

なのではないでしょうか。

同じ事象をみても

思いやりだという人と

同情ってこと?という人がいる。

それは優しさや

気遣いだという人もいれば

そんなの夫婦じゃないと

感じる人もいる。

妻への愛情だったのか

本音も言えない関係だったのか…

何が正解で何が間違っている

とかではないけれど

深く考えさせられました。

最後に、気になる今後の展開は?

カルテットの公式サイトによると

2話では、すずめとの出会いは

偶然ではなかったという事が

判明するそうです!

すずめだけではなく

司や諭高にも何か秘密が

ありそうなのですが

どんな秘密なのか

まだちょっと予測しきれません!

ですが

カルテット ドーナッツホール

本格的なホールで

演奏会が出来るように

なってほしいです!

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク