【ネタバレあり】ドラマ『カルテット』7話の考察と8話の展開予想!

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

2月28日に放送された

TBSドラマ『カルテット』の7話。

6話では、真紀と幹生のお互いの想いについてわかってきましたね。

小さなすれ違いから始まって、真紀に対する期待と

恋人のようなドキドキを諦めた幹生。

幹生のそんな気持ちに気付かないまま、変わらず愛し

ありのままの姿で家族をもつ幸せを噛み締めていた真紀。

そして最後の数分でバタバタと進んだ展開にドキドキしましたね!

ガムテープを貼られ監禁されたすずめはどうなるのか?

ウッドデッキから落ちた有朱の運命は?

倉庫に閉じ込められた司はどうなってしまうのか?

気になっているあなたのためにたっぷりお伝えします!

7話のあらすじ

すずめは、なぜ監禁されたのか。

有朱は、なぜ別荘に来たのか。

離婚の意思を示していた真紀は本当に離婚してしまうのか。

その真相が語られていきます。

終わりの始まり-

考察と感想【ネタバレあり】

■私、ちょっと向こう探してきますね!

山の中で迷子のサルを探す諭高と有朱。

有朱は、話の流れから諭高のビオラよりも

真紀や司のヴァイオリンの方が高価な事を知ります。

別荘に誰もいない事を聞き出し、乗ってきた車に乗って行ってしまいます。

迷子のサルを見つけると、賞金がもらえるという事で

2人は探すことにしたようですが、有朱はどうやらお金が欲しいみたいです。

■痩せた?

すずめは、自分でガムテープを貼り幹生に監禁されます。

最後は幹生がすずめの手とベッドを縛るように、ガムテープを貼り動けなくなる、すずめ。

そこへ、物音がして幹生が階段を降りてみると

真紀のヴァイオリンを持った有朱と遭遇します。

幹生はヴァイオリンを取り返そうとし

有朱はヴァイオリンを返さず逃げようとした為、

幹生がヴァイオリンを奪い返そうとした勢いで

有朱が別荘のウッドデッキの部分から落ちてしまいます。

有朱を殺してしまったとうろたえる幹生。

そこへ、帰ってきた真紀。

何故出て行ったのか?

何処に行っていたのか?

今まで何をしていたのか?

そんな質問は一切せずに第一に幹生の体を気遣い『おかえり』と言う真紀。

そんな真紀の姿に、鏡子には離婚の意思を

示していたけど、やはりまだ愛しているのか、と思って

複雑な気持ちになりました。

■ちょっと出かけてくるね。

別荘に入り、幹生の傷の手当てをする真紀。

キッチンの異変に気付きすずめを探そうとしますが、先に幹生の話を聞きます。

コンビニ強盗の事と有朱の事を話した幹生は、離婚届けを出す事を提案しますが

真紀は一緒に逃げようと言います。

すずめのもとへ行き、『今はほどけない』と伝えて

『ちょっと出かけてくる』と言いますが、すずめは何かを察して

真紀を止めますが聞かずに行ってしまいます。

■俺、この人と沈んでくる。

有朱を連れて、真紀と2人で逃げようと準備をしますが

幹生は車に乗ると甘えられる立場じゃなかった、と真紀を置いていきます。

その時、すずめが自力で監禁をほどき真紀を止めようと外に出てきますが、

真紀は、有朱が乗ってきたノクターンの車で幹生を追いかけて行ってしまいます。

その後、鏡子がちょうど別荘に来たので、

すずめは、幹生の無事を伝え鏡子の乗ってきたタクシーで真紀を追いかけます。

■ずっと変わらず好きなんだよ。

ダムに着いた幹生は車の外に出て、あたりを見に行きます。

目を覚ましていた有朱は自分で寝袋から出て、乗ってきたカルテットの車に乗り

幹生を置いていきます。

有朱は、幹生を追ってきた真紀に会い、2人同時に

『ごめんなさい』と言ってお互いの車を交換します。

無事に幹生を乗せた真紀は、2人で東京に帰ることにします。

コンビニで買い物をしていた真紀を見つけたすずめ。

犯人隠匿罪?あってる?

カルテットどうするの?

夫婦がなんだろ?

こっちだって同じシャンプー

使ってるけど?

行かないで。

と、真紀を説得しますが

彼のことが好きなんだよ。

ずっと変わらず好きなんだよ。

『抱かれたい…』

と言う真紀にすずめは何も言えず、そのまま真紀は幹生と東京に帰ってしまいます。

■だから、幸せになってほしいと思ってる。

東京に帰ってきた真紀と幹生は、しばし久しぶりの夫婦の時間を楽しみます。

一緒にご飯を食べて一緒に笑い、あいた溝を埋めるかのように過ごす2人。

しかし、やはり幹生の想いも変わらず2人は離婚する道を選びます。

最後まで、おそらく真紀は幹生がどういう思いで出て行ったのか、

わからなかったのではないかと思います。

しかし、出て行ってからも真紀の事を忘れた事がないこと、真紀の幸せを願っていること、感謝していることなどが幹生の真紀へ対する愛情の形だったのだと思いました。

最後に。

真紀はその後、司を助けにいきます。

ノクターンでも有朱はいつも通りのような雰囲気。

旧姓に戻り『巻真紀』から『早乙女真紀』になった真紀。

真紀の問題が解決したことで少し落ち着いたように見えました。

今回のお話では夫婦についてというか愛について考えさせられました。

理由もわからずに出て行った夫が突然戻ってきたとして、

真紀と同じように好きで愛したままでいられるかな?と。

そう考えると真紀の愛の深さは凄いな…と思いました。

さて、今回のお話はひと段落した感じですが、

次回からは4人の恋模様が本格的に展開していくのではないかと思っております!

これで全員、フリーになったのでこの後は純粋な恋愛の話になるかと思っております。

司の過去の話がまだ出てきていないので、司の話も出てくるでしょう。

そして、有朱にも何か秘密がありそうなので有朱にも注目したいです!

全員片思い、完結?

お離婚したし、チャンスじゃないの?

協力してください。2人がうまくいくように。

次回、

最終幕、開演-

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク