バレンタイン用に作ってみた!みんなとは違う「お豆スイーツ」

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

2月のイベントといえば、

節分とバレンタインですね?!

10代、20代の若い頃は、

節分には興味など無く、

バレンタインに全力を注いだ2月の日々でした。

しかし30代になり、

結婚もして子どももできれば、

子どもと楽しむ節分の方が大きなイベントとなりました。

そこで、節分のときに余ったお豆を使い、

子どもからお年寄りの方までに喜ばれる、

美味しいスイーツを作れないだろうか?と思い、

今回は絶品のお豆スイーツを大豆から作ってみました!

デパートや百貨店では、

おいしいチョコレートのスイーツが並んでいますが、

「できることなら手作りで!」

「それも格安で済ませたい!」

「なおかつ身体にも良いスイーツが作りたい!」

そう思っているあなた、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは煎り大豆を作ろう!

まずは、節分にも使える煎り大豆

簡単にオーブンで作ってみましょう。

煎り大豆はフライパンでも作れますが、

焦げない様に火加減などが面倒なので、

私はオーブンで作っています。

大豆は、近くの産直で売っている大豆を使いました。

500g300円で購入できました。

この大豆を、まずは一晩水に漬けておきます。

大豆は水分を吸って膨らむので、

水は多めに張っておいてくださいね。

次の朝、膨らんだ大豆を水切りします。

水分を含んでぷっくりと膨らんでいます。

このまま焼いても大丈夫なのですが、

水分が多いためカリカリになりにくいので、

半日ほど水切りをします。

梅干しを干すときに使うザルを使って干しています。

これで大豆500g分です。

半日ほど乾かしたら、

今度は180℃のオーブンで予熱なし

約50分焼きます。

ご家庭のオーブンや、

大豆の大きさ、固さなどに合わせて、

焼き時間は調節してください。

でき上がりの頃は、パチパチと豆が弾け、

いい匂いがしてきます。

全体に良い焼き色がついたら、

オーブンから出して冷まします。

10分ほど冷ますだけで、

カリカリの煎り大豆になります!

これだけで子どもも喜ぶ、

いいおやつになりますよ。

砂糖を絡めてスイーツに

煎り大豆ができたら、

後は砂糖を絡めて甘いスイーツに変身させましょう!

作り方は簡単です。

まずは、砂糖と水を合わせて火にかけ、

煮詰まったら煎り大豆を入れ、

からめます。

今回は乾燥大豆500gに対して、

三温糖100g水50gを使いました。

これも甘さなど調節してくださいね。

全体的に砂糖が絡んだら、

火から降ろして冷まします。

でき上がりはこんな感じです。

スパチュラ等などで混ぜながら冷ますことで、

白い砂糖の結晶ができてきます。

はじめはベタベタですが、

冷めてくことでサラサラとしていきます。

あとは、かわいくラッピングしたり、

盛り付ければ完成です!

まとめ

今回は大豆を使った身体にも優しく、

お財布にも優しいスイーツの作り方を、

ご紹介してきました。

1年のうちで煮豆ぐらいにしか用途のない大豆。

しかし、実はバレンタインのスイーツにも使える万能食材なのです!

子どもからお年寄りの方にまで幅広く喜ばれる

優しい味のスイーツなので、ぜひお試ししてみてくださいね。

なお、この煎り大豆のスイーツですが、

現在1歳の息子が欲しがるので与えたところ、

のどに詰まらせて少しパニックになってしまいました!

なので、うまく噛むことができないお子さんには、

欲しがっても与えないでくださいね!!!

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク