今年厄年だっけ?知っておきたい3つの対策

2017年3月に月間売上40万達成!
ネットビジネスには才能なんていりません
僕も1年前はただの貧乏サラリーマンです
そんな僕が変われたきっかけはたった1冊の本でした


今では何もしなくても勝手に20万円は自動で稼げます
興味があるあなたは大チャンス!!!
僕の人生を変えた書籍が今なら無料でダウンロードできます
無料期間が終わってしまう前に是非!
ダウンロードは下のリンクをクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
自由な人生を手に入れる教科書

人生の中には様々なイベントがあります。

クリスマスやお正月のように風物詩になっている

ものもありますが、

結婚や転職、マイホームの購入のような

今後の人生を大きく左右するイベント

もありますね。

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたも

今年大事なイベントを予定していませんか?

もし、そうであればこの記事を読むにはいいタイミングです。

なぜなら、

今年のあなたはいつもの自分とは違うかもしれません。

そう、今年はあなたの厄年かもしれないからです。

厄年の「厄」は「災厄」にも使われる通り、

厄年とは一般に悪いことが起こる年のことを指します。

そんな時はなるべく

人生を左右するようなイベントは控えたいですよね。

厄年はいつから始まるのか

そして

何か対策はうてるのか

この記事を通して詳しく見ていきましょう。

厄年とは?


厄年早見表

男性 25歳、42歳、61歳
女性 19歳、33歳、37歳

厄年とは、

人生の中で凶事や災難が身の回りで起こりやすい

年齢の事をいいます。

ここでの年齢とは数え年を使います。

「数え年」とは生まれた年を1歳とし、正月を開けるごとに

1歳年を加えて数える方法です。

厄年に悪いことが起こる理由についてですが

これには、非科学的な根拠がいくつかあります。

一説には

負のエネルギーがたまりやすい、

体に変化が訪れる時期

といわれているそうです。

厄年は年齢と性別によって決まり、

男性、女性ともに人生の中で3度訪れます。

男性であれば

働き盛りの25歳

キャリアも私生活も安定する頃の42歳

定年頃の61歳

約20年ごとに厄年が来ていますね。

一方、

女性の場合は約10年と半分になります。

女性の最初の厄年は19歳

そして

その後30代で2回厄年を迎えます。

女性の30代は

男性より大変なのが予想できますね。

ここで、

実際に厄年に起きた災難の例を挙げましょう。

  • リストラ
  • 転職の失敗
  • 大病(ポリープ)の発見
  • 恋人との別れ
  • 無一文

少し大げさに書いてあるようですが

全て実際に厄年で起きたことです。

できれば経験したくないことばかりですね。

詳しく知りたい方は次のWebページをご覧ください。

http://news.livedoor.com/article/detail/5220615/

対策はあるの?

「私今年、厄年だ!」そういうときはどうすればよいのでしょうか?

できることがあるなら試しておきたいですね。

ここでは3つの方法

ご紹介しましょう。

  • お祓いを受ける
  • 年内は大切な行事を避ける
  • 気にしない

厄年にお祓いをうける、

まさに「厄払い」のことですね。

厄払いは神社で受けることができます。

ただし、あらかじめ厄払いが受けられる神社かどうかは

調べておく必要があります。

神社によってお祓いの効果が変わることはありません。

厄払いで有名な神社があるのも確かですが、

ここでは話が脱線してしまうので触れるのは控えておきます。

地域ごとにオススメの神社が存在しており、

数えると枚挙にいとまがありません。

試しに厄払いを受けてみたい程度なら

自分が住んでいる地域の神社で十分です。

神社のお祓いを受けるほどまでではない

けれど、

縁起が悪いのはどうも気になる方なら

そもそも

大切なイベントを入れないというのが無難でしょう。

しかし、

意外に最も効果的かもしれないのは

そもそも気にしないということです。

1年の中には必ず

良い事と悪い事は

起きるものです。

理由を求めすぎず

悪いことが起きたら

素直にその原因を振り返る

というのが現実的なようにも思えます。

まとめ

いかがでしょうか。

厄年とは何かと言われたら次の3つを

思い出してください。

  • 厄年とは、人生の中で特に災難や凶事が起こりやすい1年のこと
  • 厄年の年齢は男女で異なっている
男性 25歳、42歳、61歳
女性 19歳、33歳、37歳
  • 対策は3つ
  1. 神社でのお祓い
  2. 厄年に大事な予定は入れない
  3. 気にしない

もしかしたら

厄年は

先人たちからのアドバイスなのかもしれません。

人生の節目に

羽目を外して大きなしくじりを

しないように、

というメッセージが込められているように

思います。

あなたの人生が

ささいな失敗で台無しにならないよう

厄年の間は

気を引き締めて過ごしましょう。

Sponsored Links

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク